ビルケンシュトックのタタミTATAMIの良さ

ビルケンシュトックTATAMI(タタミ)のラインの長所をボストンと比べて検証してみました。

約半年間、ビルケンシュトックTATAMI(タタミ)を仕事で磨り減るぐらいに履き尽くしました。

気づいたら、ベロア素材のアッパーの中にホコリが入ってしまい、すごく汚い感じがしたので、洗浄クリーニングをしてきれいに再生させました。

皮製品は洗っても大丈夫なのか、コルクのフットベッドを濡らしてしまうのは良くない、といったことを聞きますが、ことさら変わった方法で行わなければ特に問題もなく洗浄クリーニングが可能でした。

さて、ビルケンシュトックTATAMI(タタミ)を履いてみると、ビルケンクラシックの代名詞とも言えるボストンと似てはいますが、大きな違いがあることに気付きました。

ビルケンシュトックボストンだと、ヒールの周りのコルクがすぐに磨り減って薄くなってしまったように感じられたのですが、ビルケンシュトックTATAMI(タタミ)の場合は、コルクが30%増量されている為か、全然磨り減ることなくきちんと形状を保ったまま使うことが可能なのです。

○トゥスプリング(フットベッドに反り)があるため歩行動作の補助をしてくれます。
履いている人の足の形状にもよると思われますが、ボストンでは歩きにくいという人でもビルケンシュトックTATAMI(タタミ)であれば足を運びやすいと思われます。

ボストンと比較するとビルケンシュトックTATAMI(タタミ)は足の内側と外側の縦アーチが強調されており、さらに初めから深めに作られているヒールカップの形状のせいで、踵骨の安定性が非常に高い。このため立って静止している状態での脚の骨格のバランスがとても良いです。

以上、私自身の経験と観察結果から、思いっきり開放感を味わいたい、自分の足の運動を適度にさせたいという人にはビルケンシュトックのボストン、足を気持ちよく包み込みたい、歩行動作を助けてもらいたいという人にはビルケンシュトックTATAMI(タタミ)が適していると思われます。

自分の経験に基づく観察結果から、ビルケンシュトックのTATAMI(タタミ)のラインの違いを個人的に検証してみました。参考にしていただければ幸いですが、感じ方によって、違う印象が得られる可能性もありますので、絶対的なものではありません。

使う人の足の形にもよるため、一概に「TATAMIがベストだ」とは言えません。

一番いいのは、お店で試着してみることです。しかし、遠方などでそれが叶わない、通販で求めたいという方もいらっしゃると思いますので参考にしてください。


mimiouiミミウィ 情報館
エルメス ブランドの頂点
ルイ・ヴィトン ブランドの定番
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。