ビルケンシュトックのサイズの選び方

足の裏にぴったりとフィットして快適なビルケンシュトックは、その特徴あるインソールによるものとされています。

しかし、ビルケンシュトックは、自分にあったサイズを選ばなければ、逆に足を痛めてしまうこともあるため、正しいサイズ選びは非常に大切です。

ビルケンシュトックの自分に合ったサイズ選びの注意点を挙げてみます。
○5〜8ミリ程度の余裕がありますか
○カップからはみ出さずに少しの余裕を持って収まっていますか
○カカトにも少し余裕がありますか

ビルケンシュトックでも、次のように、小さすぎた場合、指に痛みや角質ができてしまいます。
○歩く度に指がカップのふちに指が当たる
○カップにぎりぎりに収まっていて前後の余裕が十分に無い
○カカトにも着用時の余裕がない

ビルケンシュトックでも、逆に大きすぎても弊害がでてきます。
○指骨留め(トゥーバー)に指が当たってしまうので、痛みや角質ができることがあります。
○カカトからの地面への着地がしにくくなる為、すり足になりやすくなってしまいます。
○余裕がありすぎてブカブカで歩きにくくなります。

なぜ、ビルケンシュトックでは、余裕をもった捨て寸が必要なのでしょうか。

1. 歩くとサンダルの中で足は前後に動きます。
ビルケンシュトックに限らず、足が前後に動く分の余裕を靴に持たせるということが必要です。
ビルケンシュトックのサンダルはサイズ選びにおいて大事であることをひと目見たら分かるように教えてくれています。

2. ビルケンシュトックをしばらく履いていると、インソールとコルクがだんだん足に馴染んできます。
底が湾曲(これをカエリといいます)してくるため、新品の時のまっすぐな状態よりも余裕がなくなってきてしまいます。
その事も頭に入れておいた上で自分に合ったサイズ選びをすることが大切です。

足長、幅の測り方は次のようです。

●足長の測り方
定規でカカトから一番長い指までの長さを測ります。より正確な数字を出すには、足に体重をかけて測るほうがいいです。
●幅の測り方
親指の付け根の一番でっぱっている部分から小指の付け根のでっぱっている部分までの長さを測ります。
ビルケンシュトックの購入前に、足のサイズを測る場合には、以下にも留意してください。
  ・ミリ単位で可能な限り細かい数字まで測りましょう。
  ・定規を足の下にひくことによって正確に測ることが可能です。
  ・左右で足の長さが違ってくると思われるため、長い方、あるいは広い方で選びましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。