ビルケンサンダルのお手入れ

ビルケンのサンダルは、履けば履くほど足に馴染んでくるといわれています。だからこそ、長く使い続けたいですね。

ビルケンのサンダルは、より長く、より快適に履いてもらうことを目的に修理のサービスをしています。
ソールが磨り減っている状態で、いつまでも履き続けることは、体にも良くないため、定期的に手持ちの靴をチェックし、手入れを行うことが大切です。

ビルケンシュトックの靴やサンダルなどの状態のチェックのポイントは次のようです。

○サンダル
カカトがすり減ってきて靴底が徐々に傾いてきます。
すり減りが、コルクまでさしかかる手前あたりが、修理のちょうど良いタイミングです。
コルクが磨り減ってしまうと、別途料金がかかってしまいます。

○シューズ
靴が傾いてしまうのは、靴底の磨り減り過ぎによるものです。
インソールが露出してきてしまうまでになると、本体部分の革まで減ってしまうこともあるため十分注意しましょう。

○オールソール
カカトが減っていて、サンダルの前方も溝がなくなる程度まですり減っていれば修理の良いタイミングです。

サンダルのカカトの場合は、カカトの部分を滑らかに削り、斜めにカカトのパーツを貼付けます。(ビルケンでは、パーツの色は黒、ブラウン、白のみの対応となります)

オールソールのサンダルの場合であれば一度靴底をすべて取り除いてから新しいパーツを貼付けます。

シューズのカカトの場合は純正のパーツを使わない修理となります。

シューズのオートソールである場合は靴底を取り除き、新しい純正のソールを縫い付けます。

シャノン、プラハ、モンタナ、キプロス等のオールソールは、所謂「メーカー出し」となるため1ヶ月程度修理にかかる場合があります。

修理はビルケンシュトックにやってもらうとして、自分でできるお手入れ方法を2点ご紹介します。

1.自宅でできるスムースレザーのお手入れ方法

必要な道具は、ステインリムーバー、コロニルパステル、ブラシ、ウォーターストップスプレー、タオルです。

まずは靴に付着している汚れをステインリムーバーなどの汚れ落しで落としていきます。
汚れを落とす時に使うのは使用しなくなったボロ布等で十分です。

次にタオル等で靴全体にクリームを塗っていきます。
はげてしまっている部分は軽くたたくようにして色を入れましょう。

そしてブラシがけをします。
全体的にクリームを浸透させて、つやが出てくると完成です。
最後に全体に防水スプレーをかけることによって汚れ防止にもなります。

2.自宅でできるスエード、ヌバックのお手入れ方法

必要な道具は、消しゴム、ベロアボックス、スェードブラシ、ベロアヌバックスプレー、ワイヤーブラシです。

まずは表面の汚れやホコリといったものをスェードブラシで綺麗に落としていきます。
部分的な汚れは家にある消しゴムやベロアボックスといったものを使用しましょう。

次にベロアヌバックスプレーを全体的にかけて栄養補給と色の再生をします。それと同時に革を保護します。

最後にワイヤーブラシで毛並みを整えて完成となります。
タグ:サンダル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。