ビルケンサンダルの主要商品

●ビルケン タタミ(tatami)

ビルケン タタミ(tatami)は、ビルケンシュトックのサンダルの中でも、特に人気の高い商品です。

タタミ(tatami)社は、アレックス・ビルケンシュトック氏によって、1990年に、より良いサンダルを開発することを目的に設立された会社です。

タタミ(tatami)
のインソールは人間の足の裏に見事にフィットするように作られているため、長時間はいても足が疲れにくいという点で群を抜いています。
サイドアジャスター機能をもつタタミフィジーというモデルも人気があります。

●ビルケン ドリアン

ビルケン ドリアンはコロンとした可愛い形状が特徴で、大変人気があります。
形状とともに、クロスしたトラップがビルケン ドリアンの人気の秘密となっています。

●ビルケン ボストン

ビルケン ボストン(BOSTON)は1987年から生産されており、つま先が隠れるクロッグタイプのもので、ビルケンの定番サンダルといえます。
ビルケン ボストン(BOSTON)のインソールは、タタミ同様、人間の足の裏に見事にフィットするように作られているため、長時間はいても足が疲れにくいという点で、ユーザーから高い評価を得ています。

ドイツの健康サンダルブランドとして世界的に有名なビルケンシュトックは、「自然から遠ざかった人の身体を自然な状態に解放する」ということをコンセプトにしています。

また、サンダルのバリエーションも豊富にあり、ファッション性の高さも人気の的です。


■ビルケンシュトックのサイズチャート

キッズライン(24〜34)
24(15-15.5)25(16.0)26(16.5)27(16.5-17.0)28(17.5-18.0)29(18.0-18.5)
30(18.5-19)31(19.0-19.5)32(20.0)33(20.5-21.0)34(21.5-22.0)

レディースライン(35〜39)
35(22.5)36(23.0-23.5)37(23.5-24.0)38(24.5)39(24.5-25.0)

メンズライン(40〜43)
40(26.0)41(26.5)42(27.0-27.5)43(28.0)

サイズチャートはあくまでも目安であるため、余裕をみて履きたいのであれば1サイズ大きめを選ぶほうがいいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。