ビルケンシュトックの魅力

ビルケンシュトックの魅力は何でしょうか・

ビルケンのサンダル

ドイツの靴メーカー「ビルケンシュトック」のサンダルは、2〜3本の独立したベルトによって足の甲を固定します。

1960年に初めてサンダルの商品化に成功した際に、1896年から生産を続けていたフットベッドを基に、ビルケンシュトックのブランドが立ち上げられました。
すべてのブランドはここから始まりました。ファーストモデルのマドリッドに始まり、現在ではアリゾナ、チューリッヒ、ラムゼス、ロンドン、モンタナといった豊富なバリエーションが展開されています。

ブランド設立以来、時代や流行に左右されることなくスタンダードアイテムをリリースし続け、一貫してドイツ国内生産ということにこだわりを持っていることが特徴です。
各モデルには世界の都市名がネーミングされており、これは「年齢や性別、人種や国境を越えて、すべて人々の健康を」というカール・ビルケンシュトックの願いがインスパイアされています。

●最大の強み

ビルケンシュトックの特徴は、環境への配慮、エコロジーです。
環境を考えて作られたアルプス地方の革、靴底用のラテックスやコルクなどの自然素材を中心として全ての靴が作られています。

エコロジーへの主張が時代に受け入れられ、今日、ビルケンシュトックをトレンド市場に再び呼び戻しました。

ビルケンの話題で、省略できないのが、ビルケンシュトック2007春夏モデルの話です。

2007 Spring & Summer
BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)
TATAMI(タタミ)


いよいよ2007春夏モデルが入荷してきました。
今年も楽しくて履き心地のいいビルケンです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。