ビルケンシュトックの主な特長

お洒落で格好いいだけでなく、機能性抜群のビルケンシュトックの特長を紹介します。

ビルケンシュトックスエードライナー
柔らかくて高品質であるスエードは足を自然な状態に解放し、1日にコップ1杯分かくといわれる足裏の汗を、よく吸ってくれます。

ビルケンシュトックの生ゴム混合のコルク
激しい使用に耐え、長持ちするという良い所を持った天然素材から開発された、ビルケンシュトックのオリジナルとなっています。履く人の足の圧力により、形が足になじんできます。

ビルケンシュトックのジュート
吸汗性や通気性に優れたという良い所をもった麻素材です。足裏の汗を吸い取り、湿度調整をしています。
目の詰まったジュート(上)と目の粗いジュート(下)でコルク層を挟み込むことにより、さらに安定し強度が増します。

ビルケンシュトックのアウトソール
耐久性にすぐれたEVA混合の強化ゴムが使われています。
滑り防止のために特殊な形状加工が施されているため、スムーズな歩行を補助します。
靴で圧迫された足趾を広げるという効果も持ち合わせています。

ビルケンシュトックのヒールカップ(かかとの部分)
深いヒールカップが、かかとをしっかりホールドします。ふくらはぎの筋肉を自然な状態へと戻し、正しい姿勢を作ります。

ビルケンシュトックのアーチ(土踏まずの部分)
アーチが低く扁平気味になると、足裏にかかる体重配分が崩れ、疲れやすくなってしまいます。
土踏まずに起状をつけアーチを下がらないようにすることにより、バランスのとれた理想的な姿勢を保つということが可能です。

ビルケンシュトックのトウバー(指の付け根の部分)
この起状が足指のつけ根にフィットすることにより、理想的である、体重が5本の足指にかかるということが可能なように設計されています。

ビルケンシュトックのフロント(つま先の部分)
つま先にゆとりがあるので、足指に負担をかけません。


ビルケンシュトックの主な特長はこのようなところです。
このため、ビルケンシュトックは靴を長時間履き続けても、足が疲れず、いつまでも快適さが保てるのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。