ビルケンシュトックサンダルの仕組み

ビルケンシュトックは、現代人が、固いコンクリートやアスファルトの上を歩くことによって生じる色々な問題に視点を当てて、商品作りがされています。

ベッドに使われる柔らかいマットは、最初、心地よく感じますが、しばらくすると、背骨の痛みを伴ってきます。

単に柔らかいだけでは駄目で、ある程度の堅さというものが必要になってきます。

ビルケンシュトックのフットベッドは、固めのマットのように、足の骨をしっかりと、そして心地よく支えるように作られています。

ビルケンシュトックのフットベッドは、サンダルの履きはじめは少し固めに感じられるかもしれませんが、足の基本構造に合わせて足をしっかりサポートしながら、サンダルを履けば履くほどに、履く人の足にしっかり馴染んでくるようにできています。

また、柔らかいスエード、麻、樹脂化合のコルクから作られており、この構造により、たとえ堅いコンクリートやアスファルトの上であっても、弾力性を保ち、足や体にとって最適なサンダルの履き心地を維持できるのです。

ビルケンシュトック・フットベッドは、足の大切なポイントを的確に支えることを可能にしています。

フットベッドの外枠は健康で理想的な足を型取れるように出来ており、指先が圧迫感を受けるなど、締め付けられるということはまずありません。

歩行の際一番重要な役目を果たすのは親指です。親指は右足から左足、左足から右足へ体重が移動する際にバランスをとるのに重要な「てこ」の役目を果たしています。つまり、歩行の際、私たちは親指を中心に体重移動を行っているわけです。

親指の位置が正しくないという場合は、この「てこ」の働きがうまく機能しません。

結果的に、足のアーチ部分に過度な負担がかかり、腰や膝にも負担を掛け過ぎて、最終的に歩き方までおかしくなってしまいます。

負担のないような、足にとって自然な歩行がビルケンシュトック・フットベッドによって可能となるのです。

フットベッドは、ヒールカップ(かかとの部分)、トゥ・バー(足指の付け根部分の盛り上がり)に顕著に現われているアーチをつけることにより自然な足型をたぞっています。

フットベッドのデザインにより、体重配分が適切になされて、バランスのとれる正しい姿勢をキープするのに貢献しています。
柔らかい土の上に立っているときのように、ビルケンシュトック・フットベッドは自然な柔らかな土を再現することができるのです。

ビルケンシュトック・フットウェアの特徴は、「ヒールレス」ということで、足を自然な状態で休ませるという事を可能にします。

足はもともとヒールをつけた状態で立つことを前提にしていません。ローヒールの状態でさえ、足前部に負担を掛け過ぎてしまいます。
ヒールが高くなればなるほど、足前部の繊細な骨を補助することが必要になります。
指先が圧迫され、血行が悪くなり、圧迫により足指のボール部分は広げられ、メタターサル(足中央)部分の皮膚が固くなるかひどい時には、タコができてしまいます。

ひどい場合には、膝、背中、首に疲れや痛みを伴う原因となることもあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。